合格したんですよ!

人が感動するような映像を制作したい!そう思い、映像制作を学ぶことができる専門学校を受験しました。
何となく専門学校は、高校を卒業した後に進路で選ぶ人が多いイメージがあったので、最初は躊躇していたんです。
周りは若い子だらけで、自分は社会人として働いてから、映像制作に興味を持った人間だったので…。
それでも、やっぱり人が感動するような映像制作をすることが出来る仕事に就きたいという気持ちは、諦めきれなかったんです。
なので思い切って、ダメ元で映像制作を学ぶことができる、専門学校を受験してみることにしました。
ちなみに専門学校での学費は、この社会人生活を送っている際にコツコツためてきたので問題なしというわけです。
結果的に、試験の時はもうだめかな~ブランクありすぎだし…なんて諦めていた部分もあったのですが、なんとか合格をすることができました。
もちろん、映像制作関連の会社に最終的には就職して仕事にし、人が感動するような映像を制作したいので、合格がゴールではないのですが。
それでもようやく自分の夢に向かって、しっかりとスタートラインにようやく長い人生の中でたてることができた!
…これだけでも、なんだかめちゃくちゃ一歩前進したような気持ちになれて嬉しいですね。