DVD作成時にはプレスかコピーか相談しよう

自分が撮影した映像をDVDに入れるときは、DVD作成を手掛ける専門業者に依頼する方法がおすすめです。
その場合、どのような作成方法がよいのか、事前に相談することが大切です。
DVD作成方法には「プレス」と「コピー」とがあります。
前者は、作成した金型(スタンパー)をもとにDVDを生産するやり方で、市販のDVDのように大量生産したい場合におすすめの方法です。
また、作成したDVDをよい状態に保ちやすい、互換性が高いなどのメリットも期待されます。
一方、後者のほうは枚数が少ない場合によく使われる方法で、パソコンでDVDに書き込むやり方と同じと考えるとよいでしょう。
コピーを選ぶと完成までの期間が短くて済みますが、使用する機器によっては再生ができない可能性もでてきます。
また、保管しているうちに再生ができなくなるリスクが高くなります。
もちろん、DVDに損傷を与えない、直射日光などを避けて保管するなど、DVDの扱いに注意することは、プレスもコピーも同じといえるでしょう。
DVD作成時には料金がネックになる場合も少なくありません。
そのため、プレスとコピー、それぞれの特徴をしっかり踏まえたうえで、納得できるまで相談しましょう。