歯科衛生士と歯科助手の違い

歯医者さんに行くと、歯科医師の他に歯科衛生士や歯科助手も働いていますよね。
でも歯科衛生士なのか歯科助手の区別は見ただけではつきません。
歯科衛生士は国家資格が必要になり、最低2年制の専門学校か短大に通う必要があります。
歯科衛生士の資格があれば、歯石除去、薬物塗布、診療補助など、患者さんの口腔内を直接触れて処置する事ができます。
歯科助手は特に資格がなくてもできる仕事ですが、民間の資格はあります。
歯科助手は器具のセッティングや唾液を取る作業などの診療補助を行いますが、患者さんの口腔内に直接的な行為をする事はできません。
今まで歯科衛生士と歯科助手の違いがよくわからなかったので、かかりつけの歯医者さんに行った時に、この人はどっちなんだろうって思っていました。
でも歯石を取ってもらったりしているので、あの人は歯科衛生士だった事がわかりました。
歯科衛生士の資格を取るのは大変ですが、歯科助手の資格なら通信教育で気軽に学ぶ事ができ、費用もそれほどかかりません。
歯医者さんだったら全国にたくさんあり、求人も多いのでこれから資格取得を目指すならオススメの資格です。