矯正歯科選びは難しい

歯の治療で半年も歯医者さんに通っていましたが、ようやく治療が終わりました。
会計が終わった後、つい長かったぁ~と言ってしまいましたが、歯はとっても大切なのできちんと治療しないといけませんよね。
歯の治療と言うと虫歯治療を思い浮かべてしまいますが、歯並びが気になる場合には矯正する事も可能です。
子供の頃に行うのがいいのですが、大人になってからでも遅くはありません。
歯並びが気になると口をあけたくなくなるし、思い切り笑えないですよね。
私の友達も大人になってから矯正歯科に通い始めて、かなりキレイな歯並びになりましたよ。
一般の歯医者さんでも矯正歯科を行っているところもありますが、◯◯矯正歯科のように矯正を専門に行っている歯医者さんもあります。
矯正をする場合には歯医者選びが難しいですが、できれば矯正専門の歯科医師が在籍しているか確認しておくといいでしょう。
矯正専門の歯科医師がいる場合には、日本矯正歯科学会認定医が常時在籍している歯医者さんがおすすめです。
矯正の方法も様々で、治療方法によって治療期間も費用も違ってくるので、まずは矯正歯科で相談してみるといいでしょう。

弁護士事務所の選び方ってどうすればいい?

弁護士さんってそうそう身近にいるもんじゃないですよね。
まぁ、普通に生活してて弁護士さんが必要になる事態ってのはあまりないですからね~。
だから、ちょっと困った事態になって法律的にどうなのよ?って時は悩んでしまいます。
身近になかなかいない、からこそ、逆に知り合いに弁護士がいたりしたら紹介してもらったりするパターンないですか?
だけど、それってどうよ?って思っちゃいます。

知り合いの紹介だから「なんだかなぁ?」と思っても断れなかったし、というか普段接することの無い弁護士を比較することが出来ないですよね。
だから、少々不満や不安があっても、こんなもんなのかなって妥協しちゃう人多い気がします。

でも、それでいいのかなぁ?
だって、弁護士さんに相談するような問題って結構深刻ですよね。
じゃ、弁護士さん、弁護士事務所ってどういう選び方をすればいいのか?って話ですよ。
法律のこと、わからないから知識があるのかないのかってのも判断しづらいです。
となると、やっぱり経験と実績になるのかなぁ。
美味しいお店を探すみたいに、良い弁護士事務所もすぐに見つかるといいのね。

これって心理学的にどうなんだろう??

理想のタイプは?と聞かれたら、私は眼鏡の似合う温厚で清潔感のある人が好きなんです。
顔はそんなにイケメンでなくてもいいけど、服装には少し気を遣う人だとなおいいですね。

確かにそういうタイプの人を「いいな」と思うんだけど、私が実際に付き合うのって全然違うタイプなんです。
どこかに崩れたところがあるような不安定な感じで、常に周りに女がいるようなタイプ。
そういう人に強く惹かれてしまい、そしてそういうタイプの男と付き合っても穏やかで楽しい恋愛には絶対になりません。

ハッキリ言ってダメ男なんだけど、そんな男を選んでしまう私の心理ってどうなんだろう?
心理学やってる子に聞いてみたら「母性本能が強すぎるんだよ」って言われました。
それと「独占欲もね」って。
私がいないとダメだ、と思わせるような男に惹かれて、そしてその男がモテるから独占したくなる、そういう心理が常に働いてるんだよ、って。

めっちゃ納得してしまいました!
でも、そういう恋愛から結婚には発展しそうにはないですよね…
さすが、心理学勉強してるだけあって、本質を見抜いてるなぁって感心してしまいましたね。

完全な腰痛治療なら整骨院です

整骨院と接骨院は似ています。
似ていますけど違う所は多いです。
接骨院は完全に骨です。
骨折などをしたら接骨院に行った方が良いです。
骨折したら折れた骨を治さないといけません。
接骨院に言って折れた骨を元通りにしてもらうのが普通です。
接骨院が自宅の近くになかったら病院に行った方が良いです。

整骨院は整体院とほとんど同じです。
腰痛や肩こり、それに神経痛などで整骨院に行く人は多いです。
接骨院みたいに骨の痛みだけで整骨院に行くわけではないです。
整骨院に行くにしても接骨院でも直してもらわないとダメです。
整骨院に行って無料で治療を受けられるわけではないです。
相談だけなら料金が掛からない整骨院もありますが、施術を受けるのなら料金は掛かります。
整骨院も医療機関です。
医療機関ですからそれほど安い料金ではないです。
安くはなくても普通の病院よりは安いです。

整骨院に行くのは大事です。
腰痛は治すのが大切です。
肩こりも改善した方が良いです。
腰痛も肩こりも治ります。
治りますけど放置していても治らないです。
ちゃんと治療をすれば治ります。

腰痛になったら薬を飲む人がいます。
薬やサプリメントを飲んで腰痛が改善されたという人もいますが、完全に腰痛を治すのだったら整骨院に行った方が良いです。
薬やサプリメントでも治らない腰痛は多いですからね。

どうにかしたい!息子の歯科嫌い!

中学生になってからは本当に無口になって話しかけても「ああ」とか「うん」くらいの相づちしかなくて、正直寂しいです。
小さい頃はあんなにくっついてきて、何処に行くのも一緒で、その時は「早く自由になりたい」って思ってたんだけどなぁ。

でも、そんな息子も歯科に行くときだけはまるで幼児みたいになるんです。
とにかく、筋金入りの病院嫌いで特に歯科は本当に嫌いでもう連れてくだけで大変なんです。

小学生の時は連れてはいったけど、どうしても泣き叫んで治療が無理なんてことも何度かあって、歯科から出禁になるんじゃないかとヒヤヒヤしてました。
中学生になってからはさすがにそこまでひどくはないんだけど、でも歯科の予約の日は頭が痛いだのお腹が痛いだの言って駄々をこねるんです。
治療は終わってから、車の中でシクシク泣きだすこともあって可哀想に思えてきました。

今の歯科、私的には悪いとは思わないんだけどもしかしたら息子には合わないのかも…
痛みの感じ方って個人差ありますもんね。
出来るだけ痛くない治療をしてくれる歯科、もうちょっとリサーチしてみようかな~。

帯広の居酒屋で会社の飲み会

この前、会社の飲み会で帯広の居酒屋に行ってきました。
「定年退職する室長を囲む会」で部署をまたいで皆でワイワイ楽しくやろうということで。
自分もその方にはかなりお世話になったので幹事をやりたかったんですが今回は直属の部下(同僚)が幹事を買って出たので、自分はそのサポート役に回りました。
なので、どこのお店でやるのか知らなかったのですが、会をやった帯広の居酒屋かなり良かったです!
帯広の駅から5分くらいのところの一心というお店だったと思いますが、ああゆう会社の飲み会向けの居酒屋だとたいてい料理はありきたりのものなイメージでしたが全然違くてビックリしました。
新鮮な刺身はもちろん美味しくて、でもそれ以上に美味しかったのはジンギスカンとレバ焼きでした!
今は生では食べられないですが前だったら多分生でも行けそうな位の美味しいレバーとジンギスカンでお酒も進む進む。
ちなみに室長は定年退職とはいうもののまだ会社に残る(再雇用)のでとりあえず「一区切り」の飲み会でした。
室長もみんなそこの居酒屋が気に入ったのでまたこの次も行こうという話になってます。
お気に入りのお店が見つかると楽しみが増えますよね。

三苫の歯医者で「痛くない・怖くない」治療を!

歯医者に行くのって子どもじゃなくても嫌なものです。
あの治療のキーンって音はどう考えても不快な音で、そんな音を立てて歯を削られるんだからたまったもんじゃありません。
しかも、治療がじょうずじゃない歯医者だと痛いしで「二度とくるか!」って思っちゃいますね。

なんて話したら「そこまで?」ってツッコまれることもあるけど、でも私は本当に歯医者嫌いなんです。
だけど、会社の子持ちの同僚が教えてくれた三苫駅の近くの歯医者、ここ良いんです!
先生やスタッフさんがとても感じよくて優しいから怖いイメージがありません。
治療も痛みをとことん少なくする、っていう考えらしくて、実際全く痛くなかったんです。

とにかく、恐怖心が芽生えない歯医者に出会えたのは初めてなんで嬉しいです!
今までは歯石取るのも怖くてなかなか行けなかったけど、これからはこまめに歯石取りや歯の検診に行きたいですね。

高齢になっても自分の歯で何でも食べられる、っていうのはすごく大切なことだそうです。
若いうちはそう言われてもピンと来ないだろうけど、本当だよ、ってお祖母ちゃん言ってたし。
私も今からこの三苫の歯医者で一生ものの歯を大事にケアしていきたいな。

合格したんですよ!

人が感動するような映像を制作したい!そう思い、映像制作を学ぶことができる専門学校を受験しました。
何となく専門学校は、高校を卒業した後に進路で選ぶ人が多いイメージがあったので、最初は躊躇していたんです。
周りは若い子だらけで、自分は社会人として働いてから、映像制作に興味を持った人間だったので…。
それでも、やっぱり人が感動するような映像制作をすることが出来る仕事に就きたいという気持ちは、諦めきれなかったんです。
なので思い切って、ダメ元で映像制作を学ぶことができる、専門学校を受験してみることにしました。
ちなみに専門学校での学費は、この社会人生活を送っている際にコツコツためてきたので問題なしというわけです。
結果的に、試験の時はもうだめかな~ブランクありすぎだし…なんて諦めていた部分もあったのですが、なんとか合格をすることができました。
もちろん、映像制作関連の会社に最終的には就職して仕事にし、人が感動するような映像を制作したいので、合格がゴールではないのですが。
それでもようやく自分の夢に向かって、しっかりとスタートラインにようやく長い人生の中でたてることができた!
…これだけでも、なんだかめちゃくちゃ一歩前進したような気持ちになれて嬉しいですね。

休みを利用して、語学留学では学んで楽しく

学校の休みを利用したり、仕事の休みを利用したりなど。
休みの期間を利用できるプランはたくさんあるので、国外旅行ではない方法で。
旅行で楽しさはあっても、英語圏であっても言葉が伝わらないで困る時もあるはずです。
もっと詳しく分かっていたら、と思う時もあると思いますが、それなら語学留学です。
簡単に短期間でもできるからこそ、楽しさも必要になってくると期待するでしょう。
意外に楽しさも満喫できるので、語学を今後活かしたいと思うなら便利なのは留学。
それなら方法は、休みを利用して、語学留学で学んで楽しくがいいのでした。
各プランのある方法はあると言えますが、費用も計算して考えないといけません。
留学先も考えて、アメリカは人気ですが、オーストラリアの自然も人気です。
休みが1ヶ月近くあったら、その期間内でできるプランなどを考えて行きましょう。
そして、初めは緊張かもしれませんが、語学留学することで学べたり楽しいことも。
あとでプラスになることがあっても、マイナスはほぼないといえるのです。
国内に戻ってきても、生きた英語を話せるようになっていたら、今後の成長に使えます。
会社員なら仕事で何かと便利になるでしょうから、自分に変化が出るでしょう。

歯列矯正もできない隙間

子どもの頃、歯列矯正をしている子は何人がいました。
大人になってからはあまり見かけないけど、大人になってからも歯列矯正は可能なんです。
社会人であれば費用面でも自分で責任が取れるので、大人になってから矯正をする人も多いようです。
歯並びは、第一印象を左右するので大事といえば大事です。

私の父は、前歯の間に隙間がありました。
歯と歯の間の小さな隙間が気になって、暇があれば舌でその隙間を触っていたそうです。
そのうち、隙間に舌がうまいこと入るようになり、隙間はどんどん広がっていきました(笑)
ついに、舌を入れようとしなくても容易に入るほど大きな隙間が開いてしまったんです。

さすがに格好悪いということで、歯医者に行って相談しました。
すると、隙間が開きすぎて歯列矯正ではどうにもならないので、義歯を入れましょうということに。
普通の歯よりも小さな義歯を、隙間に入れる処置をしました。
そんなわけで、私の父は普通の人より歯が多いです。

歯と歯の隙間に舌を売れることはもうクセになってしまって、義歯が増えてからも同じことをしていたそうです。
すると、義歯と前歯の間にも少しずつ隙間ができてきてしまったとか。
さすがにもう一本歯を入れるのはやばいと思い、クセを直すよう努めたそうです。
母には「もうやめなさい!!」と怒られていました(笑)